尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)

尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸を添加した美肌水は肌に優しく、肌が乾燥しやすい方に有効な化粧水です。防腐剤や香料などを一切使用していないため、お肌のナイーブな人でも使用できるのが特長です。

歯のビューティーケアが必要と考える女性は増加しているものの、実生活に取り入れている人は少数だ。その理由で一番多いのが、「自分だけではどうやってケアしたらよいのかよく分からない」というものだ。

美容とは、整髪、化粧、服飾などにより容貌や容姿をより一層美しく装うために形作ることを言う。実のところ江戸時代には化粧(けわい)と同義の言葉として使用されていたらしい。

頭皮は顔面の皮膚と繋がっているため、額までの部分も頭皮と一緒だと考えることを知っていましたか。老化に伴いスカルプがたるんでくると、その下にある顔面のたるみの要因となってしまいます。

明治末期、異国から帰ってきた女たちが、洋風の髪、洋風の服装、洋風の新しい化粧品・美顔術などを紹介して、これらを表現する用語のひとつとして、美容がけわいに取って代わって使われるようになったのだ。


20才を越えてから出現する難治性の“大人ニキビ”の患者さんが増加している。もう10年間もこの大人のニキビに苦痛を感じ続けている人達が医院に来る。

レチノイン酸療法は、頑固なシミを短い期間で淡色にするのにすこぶる有効な治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・紫外線やホルモンバランスが原因の肝斑・にきびなどに使われます。

日本人が「デトックス」に心惹かれる理由の一つに挙げられるのは、我々日本人が暮らしている環境の汚染だろう。空気や土壌は汚染され、果物などの食物には作用の強い化学肥料や危険な農薬がふんだんに使用されていると噂されているのだから無理もない。

夏場にたくさん汗をかいて身体の中の水分が減ると自然に尿の量が減らされて体温調節に欠かせない汗用の水分が溜められるために、この余剰な水分そのものが結果としてむくみの原因になっているということです。

皮膚の奥深くで生み出された細胞はスローペースで皮膚の表面へと移動し、結果的には皮膚の表面の角質層となって、約28日後に自然にはがれ落ちていきます。このシステムが新陳代謝です。


日本の医療全体がクオリティ・オブ・ライフを重視する風潮にあり、製造業を始めとする日本経済の爛熟と医療市場の大幅な拡充により、外見を自分好みに変化させられる美容外科(Cosmetic Surgery)は少し前から注目を集めている医療分野であろう。

身体中のリンパ管と同じように流れる血の動きが遅くなると、色々な栄養や酸素がうまく行き届かず、結果として脂肪を多く溜めさせる大きな素因のひとつになります。

美容外科の手術をおこなったことに対して、恥ずかしいという感情を抱く方も結構多いため、施術を受けた方のプライド及びプライバシーに被害を与えないように心配りが必要だといえる。

ネイルケア(nail care)というのは、手足の爪とその周辺の皮膚の手入れ全般を指す言葉。ヘルスケア、美容、巻き爪処置など医師による医療行為、生活の質の保全といった色々な扱い方が存在し、もはやネイルケアは一つの確立された分野と言っても過言ではない。

夏、長時間にわたって紫外線を浴びたときになるべくダメージを小さくする方法を3種類ご紹介します。1.日焼けしたところを冷却する2.十分にスキンケアローションをつけて潤いを保持する3.シミにならないようにはがれてきた皮を剥いては駄目だ